【キッチンリフォーム失敗談20例-6】義母のプレゼント、レイアウトに失敗、キッチンパントリー

キッチンリフォーム失敗談

「理想的なキッチンにリフォームしたい!」

そう思って、色々とキッチンリフォームのノウハウを調べて、お気に入りのキッチンを見つけて、さあいよいよリフォーム工事開始!

と、完璧なキッチンリフォームプランにしたはずだったのに、予想もしないハプニングが発生したという残念さ...

そんなキッチンリフォームの失敗談20例、第6弾です。

この記事はこんな人にオススメ!

  • キッチンリフォームをしたくって色々と調べている人
  • 近々にキッチンリフォームをする人
  • 先にキッチンリフォームをした人の失敗談を参考にしたい人

キッチンリフォーム失敗談 その16.義母のプレゼント

Pさんのキッチンリフォーム失敗談は、結婚と同時に購入した中古住宅でおこりました。

どうして中古の家だったかというと、若い夫婦に新築の家を買うお金はなかったのです。

そこで、

『中古の家での門出だけれどせめてキッチンくらいは新しいものを』

と義母が結婚祝いとして中古住宅のキッチンリフォームをしてくれたのです。

それがキッチンリフォームの失敗談となるとは、Pさんは夢にも思いませんでした。

というのも、義母は私にサプライズプレゼントをしようと、私の身長のことを考えずに普通のサイズのキッチンに入居前にリフォームしてしまったのです。

わたしは女性の中ではかなり高い方なので、普通サイズのキッチンですとちょっとキッチンが低すぎるのです。

でもキッチンが低すぎるので新しいものを買い換えることなんて、せっかくのプレゼントなのにできません。

きっと義母もPさんに喜んでもらえると思ってプレゼントしてくれたのでしょうから、まさかキッチンが使いにくいなんてとても言えない。

身長に合わないキッチン高さなので使っているうちに腰が痛くなってしまうのですが、義母に買ってもらったものに文句を言うことも、再交換することもできず我慢しています。

結婚前はとても忙しかったのです。

ですから、購入した中古住宅のキッチンを「新しくリフォームしてプレゼントしてもらえるのならば」とおまかせしてしまいました。

でもPさんは、今になって

『実際に使う私が一緒にショールームなどを見に行って、高さなどもきちんと考えてから購入すればよかった』

と後悔しています。

義母が相手なので、キッチンリフォームは失敗だと文句を言うことなど絶対にできません。

でも低いのはちょっとつらいので、楽にするためには何ができるか今考えています。

キッチンリフォームをするときは、実際に使う人が高さや使い勝手を事前に確認して決めること

キッチンリフォーム失敗談 その17.レイアウトに失敗

Qさんの場合は、システムキッチンを新しくしたところまではキッチンリフォームは成功していました。

ですが、今になって失敗だったと実感しているのは、

  • キッチンの中のレイアウトを間違えたこと

キッチンを今流行のシステムキッチンにしたところまでは良かったのですが、前のキッチンよりも少し大きめなので、これまでとレイアウトを変えなければならないことになりました。

そこでQさんは、とりあえず新しいシステムキッチンをなんとか入れて、後のレイアウトは適当になってしまったのです。

このことで、冷蔵庫の位置が大きく変わりました。

新しく決めた冷蔵庫の置き場は、かなりシンクから離れてしまいました。

計画をしているときは、

『少しくらい冷蔵庫の位置が変わっても、新しいシステムキッチンになるのだから大丈夫だろう』

と思っていたのですが、実際にキッチンでお料理をしてみると、冷蔵庫が遠いということはかなり不便。

なので、再度レイアウトを変えたいと思ったのですが、冷蔵庫のような大きいものを動かすのは大変です。

それにキッチンの中に全ておさめてしまったので、今さら場所を変えれば他のものの場所も移すことになり、大変で何もできません。

使いやすいキッチンにするつもりだったのにあとから使い勝手が悪くなったことに気がついたい、大きなキッチンリフォーム失敗談になってしまいました。

キッチンリフォームは、キッチン本体だけでなく冷蔵庫や家電品などとの使い勝手を事前にイメージして決めること

キッチンリフォーム失敗談 その18.キッチンパントリー

料理好きのRさんのために、夫がキッチンリフォームのときに

  • キッチンパントリー(スライド式収納)

を入れてくれたのですが、それが残念ながらキッチンリフォーム失敗談となってしまいました。

Rさんは、キッチンリフォームで新たにパントリーができると聞いたときは、とても嬉しかった。

なので、たくさんものが入ったほうが良いだろうと、広めのキッチンパントリーを作ってもらってしまったことが、そもそもの間違いでした。

キッチンパントリーができたということで、リフォームしてすぐにいろいろな調味料などを購入したのですが、さてそれを中に入れようと思ったときに、これが失敗だったことに気が付きました。

大きめのキッチンパントリーにしたことは良かったのですが、

  • 奥行きが広いので中に何を入れたかがわからなくなってしまった

引き出しをたくさんつけたり、収納したものがすぐに見える状態になるような作りになっていたのなら良かったのです。

でも奥行きが広いタイプのキッチンパントリーになってしまったので、奥においたものが何だかわかりません。

きちんと自分で整理することができる人であればそれでも大丈夫なのかもしれませんが、Rさんは結局在庫があるのに同じものを購入してしまったりして、結局はうまく使いこなせませんでした

せっかくのキッチンパントリーを使いこなせないことが、Rさんのキッチンリフォーム失敗談です。

キッチンリフォームをするときは、収納を日常的に使うかどうかなど事前にイメージをしながら決めること

この記事のまとめ

  • キッチンリフォームをするときは、実際に使う人が高さや使い勝手を事前に確認して決める
  • キッチンリフォームは、キッチン本体だけでなく冷蔵庫や家電品などとの使い勝手を事前にイメージして決める
  • キッチンリフォームをするときは、収納を日常的に使うかどうかなど事前にイメージをしながら決める

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました