キッチンリフォーム経験者の体験談から失敗を学び事前準備をしよう

キッチンリフォーム失敗談

長いこと使ってきたキッチンを、そろそろ新しくリフォームしたいと思っているあなたへ。

キッチンはだいたい20年も使いつづけると、古びた感は否めませんので新しくリフォームしたくなります。

ですが、キッチンリフォームはそう何回もするものではありませんし、リフォームをすること自体が初めてだという人は多いのです。

あなたもキッチンリフォームは何から始めたら良いのか、不安に思って固まっているのではないでしょうか?

そんなあなたにに参考にしていただきたいのが、先にキッチンリフォームを経験した方の体験談。

実際にキッチンリフォームした方の話を聞くと、どこからどのように進めたらよいかがとてもよくわかります。

この記事はこんな人にオススメ!

  • そろそろキッチンリフォームをしたいと考えている人
  • キッチンリフォームなんて初めてなので、何をどうしたらよいのかわからない人
  • キッチンリフォーム経験者の体験談を聞いてみたい人

キッチンリフォーム体験談でよく聞く予算オーバー

キッチンリフォームだけではありませんが、リフォーム工事する前には工務店やリフォーム業者とまず最初に話をして「見積もり」を取ります。

そして、提出された見積もりの金額に納得して、はじめてキッチンリフォームがスタートします。

それなのに、場合によってはキッチンリフォームにかかった費用が予算を超えてしまうことも多々あるのです。

というのも、実際にキッチンリフォームの工事を始めてみると、工務店やリフォーム業者が見積もりをするときには「予想もしていなかった問題」が出てくることもあるから。

そんな「予想もしていなかった問題」が出てきた場合は、追加という形で「別途追加工事費用」として業者に要求されます。

この「別途追加工事費用」がたくさん発生すると、キッチンリフォームの予算が当初の見積もりよりもオーバーしてしまうのです。

ですが、キッチンリフォーム工事は既に始まっていて、古いキッチンは取り外されている。

そんな状態で、リフォーム工事を中断することなんてできません。

なので、泣く泣く工務店やリフォーム業者の「別途追加工事費用」を受け入れてしまうという。

キッチンリフォームは、大工さん以外にも水道業者やガス業者など、いろいろな業種が関わっています。

だから、思った以上に複雑。

とはいえ、当初のキッチンリフォーム見積もりを「はるかに超えた別途追加工事費用」が発生しても困りますよね。

実際にキッチンリフォームを経験した方の体験談を聞くと、

キッチンリフォーム費用が予算を超えてしまったけれど、結局は追加の費用を出すことを承諾してリフォーム工事を進めてもらった

いわゆる「泣き寝入り」したというのが多いんです。

ですが、キッチンリフォームは見積もりどおりになんでもうまくいくのではないとしても、費用が予算を超えないようにすべきです。

また、キッチンリフォーム工事の契約をする前に、

「別途追加工事費用」が発生したときにどうするか?

を契約業者さんとシッカリ打ち合わせしておくべきです。

以上のことを考えると、キッチンリフォームは施工実績の多い業者に頼んだほうが良さそうです。

キッチンリフォーム経験者の体験談にみるリフォームの上手な進め方は?

キッチンリフォームは複雑でわかりにくいところが多いですから、初めてですとよくわからないうちに進めてしまって失敗したということになりがちです。

リフォームの体験談を調べてみても、キッチンリフォームのことを書いている人は多いです。

つまり、それだけ「キッチンリフォームで失敗してしまった人」がたくさんいるということ。

キッチンリフォームは、上手に進めていかなければ失敗するだけです。

ですから、キッチンリフォームをする前に、シッカリと失敗しない勉強をしておく。

キッチンリフォーム経験者の体験談を参考に、失敗の二の舞だけはしないようにしておく、そんな事前準備がのちのち大事になってきます。

キッチンリフォームの上手な進め方としては、以下の2つが考えられます。

1.リフォーム会社に相談しながらキッチンをどうするか決める

キッチンリフォームについてよくわからない人は、リフォーム会社や工務店に相談しながらキッチンをどうするか決めることが一番です。

キッチンリフォームに失敗したという経験者の体験談では「リフォーム会社の選び方で失敗した」というのが一番多いので、まずは業者選びに最注力。

リフォーム会社の口コミや評判などで検索をして、

  • 多くの人から評価が高い業者
  • キッチンリフォームの経験が多い業者

をまず探すこと。

そうすれば、満足することができる素敵なキッチンリフォームが完成します。

キッチンリフォームで失敗しないためには、手間ヒマを惜しまないこと。

特にキッチンリフォーム初心者の方は、この進め方がよいでしょう。

2.キッチンメーカーをどうするか決め、それができるリフォーム会社を探す

なんでも人にすすめられたものではなく、自分で良いと思ったものに決めたいという方は、まずはキッチンをどんな感じのものにするか決めてからリフォーム会社を探しましょう。

キッチンリフォームの体験談を見ても、キッチンにこだわりの強い人はたくさんいます。

毎日使うものですから、特別な思い入れが強いんですね。

ですから、あなたが調べてこのメーカーのキッチンが良いとなれば、そのキッチンを手がけているリフォーム会社にお願いします。

キッチンをどうするかはすでに決まっているわけですから、この進め方であればリフォーム会社を決めてからはスムーズに作業が進められます。

キッチンリフォームは経験者の体験談を参考に事前準備をして進めていこう

キッチンリフォームはしたいと思って業者を探しているけれど、キッチンリフォームのことをまだよく知らないという方は多いでしょう。

たしかに初めてのことは、誰でも何もわからないことが多いです。

けれど、何も知らないままリフォーム業者任せにしていると、キッチンリフォームが自分が思うように仕上がらないかもしれませんし、余分な費用が発生するかもしれません。

たとえあなたにはキッチンリフォームの経験がなくても、経験者の体験談をたくさん読むと、だいたいどのようなことをどのように進めていけばよいのかがわかってきます。

ですから、何も知らないままキッチンリフォームを始めるのではなく、

あなたはどのようなキッチンにリフォームしたいのかを事前にイメージしておく

そのうえで、キッチンリフォームの進め方をどうすればよいのかを調べていくほうが、スムーズにリフォーム計画は進みます。

失敗しないキッチンリフォームをするためにも、経験者の体験談を参考にして事前準備をしてからキッチンリフォームにとりかかってください。

この記事のまとめ

  • キッチンリフォーム体験談で一番よく聞く失敗は「キッチンリフォーム費用が予算を超えてしまった」こと
  • 次に多いキッチンリフォーム体験談の失敗は「ゴミ置き場を考えることを忘れていた」こと
  • 失敗しないキッチンリフォームは経験者の体験談を参考にして「あなたはどのようなキッチンにリフォームしたいのかを事前にイメージしておく」こと

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました